フェイクニュースに強くなる。情報リテラシーを加速させるWEBマガジン

Donald Trump

スガとは、髪の話で盛り上がれそうだぜ!

海外【米大統領選】トランプ氏宛て郵便物に猛毒⇒ネットの反応「間違いなく中国が関わってるだろう 」

フェイクニュースを見破れ!日本の情報リテラシーを加速させるWEBマガジン ー https://fake-news.jp

フェイクニュース.jp

海外

2020.09.20 0 3

【米大統領選】トランプ氏宛て郵便物に猛毒⇒ネットの反応「間違いなく中国が関わってるだろう 」

トランプ大統領2020米大統領選アメリカ政治

フェイクニュース絶対潰すマン

画像引用元: CC 表示-継承 3.0

リシンにさらされると36~72時間以内に死亡する可能性

記事を要約すると

  • ホワイトハウス宛ての郵便物から猛毒のリシンが確認された
  • 郵便物はカナダから郵送されたものとみられ、宛先はトランプ大統領だった
  • 同様の郵便物は南部テキサス州の政府機関にも送られていて、FBIは「現時点で公衆の安全に対する脅威は見つかっていない」との声明を発表

引用元: 産経新聞 2020.9.17

リシンの概要


リシン (Ricin) は、トウゴマ(ヒマ)の種子から抽出されるタンパク質。ヒマの種子に毒性があることは古くから知られていたが、1888年にエストニアのペター・ヘルマン・スティルマルク(英語版)が種子から有毒なタンパク質を分離し、リシンと名付けた。

α-アミノ酸のひとつで、サプリメントとして世界で広く普及しているリシン(英: lysine)と発音が似ているが、全く異なる物質なので注意が必要。

猛毒であり、人体における推定の最低致死量は体重1kgあたり0.03mg。毒作用は服用の10時間後程度。

引用元: ウィキペディア(Wikipedia)

Twitterの反応

ネットの反応

  • トランプ大統領が無事で安心しました
  • 殺害してでもトランプ再選を阻止しようとしているって事は、ほぼトランプ再選が高まったという事の表れではないでしょうか。
  • カナダには、中国人が沢山住んでるみたいだから、中共工作員もかなり混じってるんだろうな
  • リシンか、ブレイキングバッドで砂糖に見せかけて殺すシーンがあるね
  • これを飲みはじめてからぐっすり眠れるようになったんですよ
  • オバマにも送られたし、2年前のトランプにも送られたって。 意外とよくある。しかしよく発見できてるな。
  • 冗談抜きでトランプ氏は暗殺には気をつけないとね。
  • 間違いなく中国が関わってるだろう
PDF印刷

マスコミのフェイクニュースに騙されやすい
家族や仲間にこの記事を印刷してあげよう!

この記事のPDF版を印刷する

この記事を書いた人

フェイクニュース絶対潰すマン

フェイクニュース絶対潰すマン

当サイト管理人です。普段はフリーランスのウェブデザイナー兼プログラマーです。仕事の傍ら、マスコミの偏向報道をチェックしています。保守or革新にとらわれず、面白い政治系サイトを目指していきます。トランプ大統領の大ファン、政治ネタを担当します。

記事の一覧へ

カテゴリー:海外