フェイクニュースに強くなる。情報リテラシーを加速させるWEBマガジン

Donald Trump

I'm コロナサバイバー

政治【セクシー大臣】小泉進次郎、阿寒湖の景観にダメ出し「電線が邪魔」⇒ネットの反応「お前が、まずやるべき事はレジ袋有料化の廃止だ」

フェイクニュースを見破れ!日本の情報リテラシーを加速させるWEBマガジン ー https://fake-news.jp

フェイクニュース.jp

政治

2020.09.26 0 6

【セクシー大臣】小泉進次郎、阿寒湖の景観にダメ出し「電線が邪魔」⇒ネットの反応「お前が、まずやるべき事はレジ袋有料化の廃止だ」

小泉進次郎セクシー発言滝川クリステルレジ袋有料化

フェイクニュース絶対潰すマン

画像引用元: Youtubeよりキャプチャ

小泉進次郎環境大臣が道東視察 阿寒湖の景観に「電線なくしたい」

ここがポイント

  • 小泉進次郎環境大臣が阿寒湖温泉を訪れ、電線が多い景観にダメ出しをした
  • 環境省は外国人観光客を増やす企画を進めていて、大臣自ら進捗状況を聞き取り
  • 小泉大臣は「阿寒摩周は世界水準の観光地・国公立公園になる可能性がある」と後押しを約束

引用元: HTBニュース

小泉進次郎氏のプロフィール

画像引用元: 内閣官房内閣広報室 – kantei.go.jp – 小泉 進次郎, CC 表示 4.0

小泉 進次郎(こいずみ しんじろう)は、日本の男性政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、環境大臣(第27・28代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)。

父は、第87代〜89代内閣総理大臣の小泉純一郎。母は宮本佳代子(エスエス製薬元会長、泰道照山の孫)。兄は俳優、タレントの小泉孝太郎。妻はフリーアナウンサーの滝川クリステル。

福島の汚染土の問題について、「30年後の自分は何歳か、発災直後から考えていた。健康でいられたら、その30年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる政治家だと思う」と答弁。このような「何か言ってそうで何も言ってない話法」に対しプチ鹿島は竹下登元首相の「言語明瞭、意味不明瞭」話法との共通点を指摘している。

2019年9月22日に開かれた地球温暖化などを議論する国連の気候行動サミットにて環境大臣として参加した際、別の出席者の言葉を引用し、「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきです」と発言し、大手海外メディアも報じるほどに国内外で物議をかもした。また、2019年12月11日、第25回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP25)での日本の消極的姿勢が理由で日本が「化石賞」に選ばれた際は、「驚きはない。受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」と発言した。

引用元: ウィキペディア(Wikipedia)

Twitterの反応

ネットの反応

  • お前が、まずやるべき事はレジ袋有料化の廃止だ
  • クリステル失敗したぁ!って思ってるよな絶対
  • やってる感演出に必死。パフォーマンスでは河野氏や平井氏に大きく出遅れているので焦っているのであろう。
  • テレビでニュースを見てて、生粋の道産子ですが思わず「なんでやねん」と心の中でツッコミをいれました。あなたが見るべきなのはそこじゃないよと。なんかね、こう、浅い。
  • レジ袋の無料化とクールビスのノーネクタイ通年化をやってください。話しはそれからだ。
  • 例えこいつがまともな事を言ったとしても俺は真っ向から否定したい
  • 正しいがもっとでっかい事をセクシーに言ってくれよ
  • 発言に責任なさすぎる。電線や電話線埋設するって言えば簡単だけど、どんなけお金かかるかわかってるの?思い付きだけで発言するいい加減な政治家。
  • 見えてるなんてセクシーじゃないよな

この記事を書いた人

フェイクニュース絶対潰すマン

フェイクニュース絶対潰すマン

当サイト管理人です。普段はフリーランスのウェブデザイナー兼プログラマーです。仕事の傍ら、マスコミの偏向報道をチェックしています。保守or革新にとらわれず、面白い政治系サイトを目指していきます。トランプ大統領の大ファン、政治ネタを担当します。

記事の一覧へ

カテゴリー:政治