フェイクニュースに強くなる。情報リテラシーを加速させるWEBマガジン

Donald Trump

スガとは、髪の話で盛り上がれそうだぜ!

時事【マスコミ】朝日新聞が遂に500万部割れ、実売は「350万部以下」か!?⇒ネットの反応「むしろまだそんなに読まれているのが驚きだよ」

フェイクニュースを見破れ!日本の情報リテラシーを加速させるWEBマガジン ー https://fake-news.jp

フェイクニュース.jp

時事

2020.09.19 0 5

【マスコミ】朝日新聞が遂に500万部割れ、実売は「350万部以下」か!?⇒ネットの反応「むしろまだそんなに読まれているのが驚きだよ」

報道しない自由偏向報道朝日新聞

フェイクニュース絶対潰すマン

朝日は10年で300万部減、毎日・日経は「200万部割れ」目前に

記事を要約すると

  • 朝日新聞の販売部数(朝刊)が8月についに500万部を割ったことが分かった
  • 廃棄される「押し紙」の分を差し引いた実売部数は300万~350万部程度との見方
  • 他の全国紙も苦しい状況で、読売新聞742万3千部、毎日新聞209万7千部、日経新聞206万5千部、産経新聞124万3千部

引用元: FACTA ONLINE

朝日新聞の概要

画像引用元: Kakidai, CC 表示-継承 4.0

朝日新聞(あさひしんぶん)は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。支局の世界展開や海外通信社との契約締結によって全世界に取材網を張り、2010年時点では国内で最も権威のある新聞として知られている。

一方で、オックスフォード大学のロイター・ジャーナリズム研究所(英語版)の「デジタルレポート2020」によれば、読者の信頼度が産経新聞と同率で最下位だった。

2016年3月に公正取引委員会は朝日新聞に対し「押し紙」問題に対し注意を行った。これに先立つ2015年2月15日に杉本和行・公取委委員長は日本記者クラブで行なった記者会見で「今の制度においても公取委は押し紙を禁止しており、実体がどうなのかきちんとモニターしているところで、そういう実態がはっきりすれば当然必要な措置をとる」と発言していた。週刊ポストによれば、朝日新聞の公称660万部のうち「25〜30%が押し紙」とすれば実質は200万部減になるという。

引用元: ウィキペディア(Wikipedia)

Twitterの反応

ネットの反応

  • 通勤電車のなかで新聞紙広げてる迷惑な人、まだいるよね
  • 天下の読売新聞でも下げ幅大きいし全体的に新聞紙はいらなくなってきてる気がする。
  • 全く売れなくも不動産投資でウハウハなんでしょ。
  • オワコンという言葉、新聞に使われてずいぶん経つ
  • スマホ、PCあれば新聞いらんだろ
  • 未だに、フェイクニュースと日本人ヘイト、ヘイトクライムを撒き散らす新聞を名乗る朝日がまだ350万程度売れてるとは
  • テレビからも離れましょうか
  • むしろまだそんなに読まれているのが驚きだよ
PDF印刷

マスコミのフェイクニュースに騙されやすい
家族や仲間にこの記事を印刷してあげよう!

この記事のPDF版を印刷する

この記事を書いた人

フェイクニュース絶対潰すマン

フェイクニュース絶対潰すマン

当サイト管理人です。普段はフリーランスのウェブデザイナー兼プログラマーです。仕事の傍ら、マスコミの偏向報道をチェックしています。保守or革新にとらわれず、面白い政治系サイトを目指していきます。トランプ大統領の大ファン、政治ネタを担当します。

記事の一覧へ

カテゴリー:時事