フェイクニュースに強くなる。情報リテラシーを加速させるWEBマガジン

Donald Trump

メラニアニ レバニライタメ タノマレタ

海外【話題】トランプ大統領がメーガン妃を攻撃「好きじゃない」⇒ネットの反応「この素直さが根強い人気」

フェイクニュースを見破れ!日本の情報リテラシーを加速させるWEBマガジン ー https://fake-news.jp

フェイクニュース.jp

海外

2020.09.25 0 2

【話題】トランプ大統領がメーガン妃を攻撃「好きじゃない」⇒ネットの反応「この素直さが根強い人気」

トランプ大統領2020米大統領選メーガン妃

フェイクニュース絶対潰すマン

画像引用元: Twitter

メーガン妃の米大統領選に関するコメントがきっかけ

ここがポイント

  • トランプ大統領は23日、元女優のメーガン妃について「好きじゃない」と攻撃し、ヘンリー王子には「幸運を祈る」と発言
  • メーガン妃の米大統領選に関するコメントに刺激されたものとみられる
  • メーガン妃は22日、特別番組に出演し「4年ごとに『今回は生涯で最も重要な選挙だ』と言われているが、今回がそれだ」と述べ、投票を呼び掛けていた

引用元: AFP BB NEWS

メーガン(サセックス公爵夫人)のプロフィール

画像引用元: Ceremony of Welcome for TRH The Duke and Duchess of Sussex, CC 表示 4.0

サセックス公爵夫人メーガン(英: Meghan, Duchess of Sussex、旧名:レイチェル・メーガン・マークル(Rachel Meghan Markle))は、イギリス王室のサセックス公爵ヘンリー王子の配偶者。同王子との成婚に際し、同王子がサセックス公爵に叙爵されたことにより、サセックス公爵夫人と称される。

2020年1月8日にサセックス公爵夫妻は「王室の主要なメンバー(senior member of the royal family)から身を引き財政的自立に努める」との声明を発表した。 同月13日にエリザベス女王、チャールズ王太子、ケンブリッジ公ウィリアムとサセックス公ヘンリーによる「家族会議」が開かれると、王室は建設的な話し合いがなされ、数日中に最終決定がなされる見通しを発表、それから5日後の1月18日に王室はサセックス公夫妻は「殿下」の称号を返上することを発表した。

引用元: ウィキペディア(Wikipedia)

Twitterの反応

ネットの反応

  • いいなあこの正直さw
  • 見出しは「トランプ氏がメーガン妃を攻撃」となってるけど、実際は攻撃という程でなく穏やかな言い方だったそうですね。
  • この訳、ちょっと変ですね。メーガンは好きじゃない→「メーガンのファンではない」、ハリーについては頑張ってほしい→「ハリーの幸運を祈ると言うだけ」
  • そもそもメーガン好きな人とかいるのか
  • 先に「トランプが気にくわないから、彼がアメリカ大統領でいる間はアメリカに住まない」と、言ったのはメーガンだったのでは?
  • 自分を誉めてくれるやつだけが好きとか幼稚園児並みやな
  • メーガンさんのトランプ批判は、信念のないポーズでしかないエセ左派
  • 仮にヘンリー王子やメーガン夫人がどちらかサイドの政治的な発言をしたら、トランプ大統領は英王室に抗議するのがよろしいかと。
  • この素直さが根強い人気なのでしょうね。

この記事を書いた人

フェイクニュース絶対潰すマン

フェイクニュース絶対潰すマン

当サイト管理人です。普段はフリーランスのウェブデザイナー兼プログラマーです。仕事の傍ら、マスコミの偏向報道をチェックしています。保守or革新にとらわれず、面白い政治系サイトを目指していきます。トランプ大統領の大ファン、政治ネタを担当します。

記事の一覧へ

カテゴリー:海外