フェイクニュースに強くなる。情報リテラシーを加速させるWEBマガジン

Donald Trump

スガとは、髪の話で盛り上がれそうだぜ!

政治【意味不明】蓮舫、菅首相のオフレコ朝食会に「朝食会で話したことは記者会見でも話せよ」⇒ネットの反応「オフレコの意味とは?」

フェイクニュースを見破れ!日本の情報リテラシーを加速させるWEBマガジン ー https://fake-news.jp

フェイクニュース.jp

政治

2020.10.01 0 6

【意味不明】蓮舫、菅首相のオフレコ朝食会に「朝食会で話したことは記者会見でも話せよ」⇒ネットの反応「オフレコの意味とは?」

菅義偉蓮舫望月衣塑子

フェイクニュース絶対潰すマン

画像引用元: Twitter

菅義偉首相が首相担当記者とのオフレコ朝食会を催す意向

ここがポイント

  • 立憲民主党の蓮舫参院議員が自身のツイッターを更新
  • 望月衣塑子記者のツイートを引用し、菅義偉首相が首相担当記者とのオフレコ朝食会を催す意向であることに私見を述べた

引用元: スポーツ報知

【蓮舫氏の実際のツイート】

蓮舫氏のプロフィール

画像引用元: Ogiyoshisan – 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0

蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名:齊藤 蓮舫〈さいとう れんほう〉)は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(3期)。立憲民主党副代表兼参議院幹事長。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫(むらた れんほう)。

2009年11月13日、民主党政権下に内閣府が設置した事業仕分けの文科省予算仕分けの際、蓮舫は「仕分け人」として次世代スーパーコンピュータ開発の予算削減を決定した。この時に要求予算の妥当性についての説明を求めた発言である「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」が話題になった。

蓮舫は元来19歳の時に日本に帰化したと主張していたが、「赤いパスポートになるのがイヤだった」「自分の中のアイデンティティーは『日本』とは違うと感じる」と中国への思慕が強く、1993年にニュース番組『ステーションEYE』のメインキャスターに起用されると「在日の中国国籍のものとしてアジアの視点にこだわりたい」と抱負を語るなど、台湾国籍を持つ二重国籍者であることを自身の特長としてアピールをしていた。

引用元: ウィキペディア(Wikipedia)

Twitterの反応

ネットの反応

  • オフレコ発言は必ず漏れるから、心配なく
  • オフレコと言えば民主党・松本龍・元復興担当大臣の「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん、いいですか、『書いたらもうその社は終わり』だから。」だな
  • 二重国籍を隠し、選挙演説では話さない、なんてことしたよね。
  • 時と場合・相手により、言えることと言えないことがあるのは当然のこと。自分のことは棚に上げ、こうして毎日せっせと揚げ足取りに励む政治姿勢は考え直すべきだと思う
  • 首相に外部秘の話なんてないとでも?そんな国があるなら聞いてみたいものです。
  • 誰かさんも、二重国籍問題について、SNSでは色々発信をするのに、記者会見では何の詳細な説明をしようとしないよね。
  • 毎日毎日首相批判、暇なのか?
  • 日本のために対案を出すのではなく、批判をするのが仕事と勘違いされてますね
  • オフレコの意味とは?

この記事を書いた人

フェイクニュース絶対潰すマン

フェイクニュース絶対潰すマン

当サイト管理人です。普段はフリーランスのウェブデザイナー兼プログラマーです。仕事の傍ら、マスコミの偏向報道をチェックしています。保守or革新にとらわれず、面白い政治系サイトを目指していきます。トランプ大統領の大ファン、政治ネタを担当します。

記事の一覧へ

カテゴリー:政治